フォトアルバム

最近のコメント

twitter

コード

  • 解析3
  • なかのひと
  • SEO
    • seo

アクセス解析

クリック募金

  •  

アドセンス

  •  

広告

  •  
 

2015/12/31

2015年

今年を忘れないために、備忘録として。


1月
日本縦断を成し遂げ、フロントディレーラーを失いフロントギアは損傷、
数えきれないダメージを受けた愛するマウンテンバイク桜井を大規模改修し、初めての遠征。
和歌山市からりんくう公園を目指す、往復50km、ママチャリを引き連れたショートツーリング。
凍える寒空の下を新たな桜井と走る、かけがえのない時間だった。

2月
六甲山への初の山登り。山の中で食べるラーメン。登山後の有馬温泉。
たまらない気持ちよさと達成感。

ふと今治が恋しくなって、3日間を費やし阪神高速・本四国連絡橋を除いた全行程を
車で向かう。今までイケなかったタオル美術館等を楽しむことが出来た。
行きは瀬戸大橋経由で四国入りし、帰りはしまなみ海道で本州に帰る。
国道2号線のバイパスが強力すぎて、これを使えば下道でも十分四国にたどり着けることが分かった。

バイクの免許を取ったのもこの月で、まぁ寒かった。

3月
現行CTのDRL機能に憧れ、車にDRLキットを付けた。
スモールの明るさのままなので完全に自己満だが、満足している。
ヤマハからトリシティを借りることが出来、酷道371号線縦断(1回目:潮岬キャンプ)や
桂浜へのツーリング(2回目:桂浜キャンプ)をやった。
バイクだとフェリーに乗るハードルが極端に下がる。また、トリシティでもキャンプツーリングは楽勝だった。

ニート期間、365連休。
恐らく老後と言われる時間を迎えるまで得られないかけがえのない時間が終わった月でもあった。

4月
新しい仕事が始まり、また前職のように追いつめられるかと少し心配であったが
割と環境も仕事内容も自分に合っていてすんなりと行くの巻。

5月
金剛緑地キャンプ場でのバーベキューと、今年3回目、下北山スポーツ公園でのキャンプ。
ダムの真下のため、通称ウォールマリア。
ここまでの3回のキャンプは全てトリシティのおかげで行くことが出来た。
バイクだと荷物が詰めないためキャンプファイアが出来ず、キャンプ自体は物足りないけど
燃費も30km/lオーバーは楽に出るし車が汚れず準備も楽なので、キャンプに対するハードルはかなり低くなる。

6月
飲んだくれまわった。気を許す友と飲む酒は、どんな高い酒よりもウマイ。

7月
2006年に打ち上げられたニューホライズンズが9年越しに冥王星をフライバイ。
教科書に載っているぼんやりとしたイメージが塗り替えられる、歴史的瞬間。
1年ぶり2回目のハイランドパーク粉河でのキャンプ(今年4回目)では
若干調理の幅を広げ、パン焼いたり玉子焼いたりして大満足な朝食を食べることが出来た。
あと、鳥人間コンテストはフルカットされたがまた来年もナマで見に行きたい。

8月
フェリーで今治の祭り、おんまくへ。今年3度目の愛媛。
誕生日プレゼントを調達したり、バリィさんを始めてお目にかかったり。
バリィさん目当てでバリキュンのステージを見たことがきっかけで、ひめキュンフルーツ缶のファンになってしまう事故が発生。
youtubeで聴いたパラダイムが異常にツボにはまった。
おかげで今年の後半の楽しさが増す。

9月
朽木キャンプ場でのキャンプ(今年5回目)
最初から雨が降ることを分かった上で行くという愚策をかました結果、死ぬほど撤収に苦労する。
車もキャンプ用品もやられるからバイクに詰める程度の荷物を限度としないと雨キャンプはダメである。
シルバーウィークを使っての愛媛旅行(今年4度目)
松山や宇和島をめぐるハイパーグルメツアー。宇和島のしょかつや松山のバー露口等、
たらふくウマイ料理とウマイ酒をいただいた。愛媛の暖かさに改めて触れた旅でもあった。
また、100名場スタンプラリーを始めた月でもある。

10月
川湯野営場でのキャンプ(今年6回目)
エアマットをもらったのでムーンライトの使用をやめ、大テントを活用。
距離・費用・ロケーション・温泉、どれをとっても良いキャンプ場で一番快適なキャンプだった。
あと曽爾高原とか行った。


11月
キャンプの出来ない憂さ晴らしに、せめてバーベキューだけでもと河川で肉を焼く。
が、やはりテントの無いバーベキューはキャンプでのバーベキューほどの味は出ない謎。
松山のひめキュンライブ(愛媛5回目)に行ったのだが、アンダンテ・パラダイム・You You 夢 Visionが入った俺得過ぎるセットリストだっため、我が人生に一片の悔いなしだった。
まりお流ラーメンで溺死したり、標高800mの大野アルプスランドでのキャンプ(今年7回目)で凍死する月。

12月
バリキュンを追いかけるのと城めぐりの一環で岐阜へのドライブ。
クリスマスイブは第一生命ビルを見に行く謎のドライブ。
あと車のスカッフイルミネーションつけた。


見た映画 18

ラプンツェル 20150114

ルパン三世 カリオストロの城 20150117

ベイマックス 20150117

バトルシップ 20150501

名探偵コナン 異次元のスナイパー 20150515

クレヨンしんちゃん 逆襲のロボとーちゃん 20150525

永遠のゼロ20150805

富士総合火力円周2015ライブビューイング 2015823

マッドマックス 怒りのですロード 20150823

スタンドバイミードラエモン 20150901

ワンピース3D2Y 20150907

アイアンマン3 20150928

おおかみこどもの雨と雪20151028

るろうにケンシン三部作

スターウォーズエピソード420151218 

スターウォーズエピソード1 20151228

後略した城:18城
和歌山城
伊賀上野城
犬山城
高遠城
小諸城
上田城
松代城
松本城
高取城
福山城
松山城
湯築城
大洲城
宇和島城
高知城
篠山城
松阪城
岐阜城

攻略したゲーム
FF1 FF2(途中)

勉強
RosettaStone最初からレベル5ユニット18まで
来年は毎月レッスンとゲーム入れて実践で活用していきたい。

本37冊

2015/11/02

川湯野営場

今年のテーマ「限界に挑戦するキャンプ」
10月末は去年にチャレンジしているため、今回のキャンプは冬に向けた小手調べ。
場所は川湯温泉付近にある、川湯野営場。
料金は車1台700円+大人一人800円。

20151024_172246

今回からLOGOSのランタンスタンドを導入。
無くても全く構わないものだが、あれば好きな高さを照らすことが出来るので
特に夜の料理には活躍した。あと、雰囲気が良い。
無くても無いものを楽しめる、そんな贅沢。

20151024_172117

今回からはさらに追加で貰い物であるLOGOSのエアマットも投入。
いつも銀マットで寝た翌朝は体が痛く、帰ってからベッドで昼寝は欠かせないのだが
こいつで寝ると翌朝の疲れが全く違う。昼寝も不要になる優れもの。
これからの季節、地面からの断熱効果が高そうで期待が持てる。
欠点としては大きすぎて、7~8人用の大テントでも最大4人が限界となる点。
もちろん実質一人用であるムーンライトには入らないが、そこは車の積載量にモノを言わせ
4人用テントを一人で使う贅沢な夜を堪能すればよい話である。

20151024_194340

夜はいつも通りのバーベキュー。
サラダ油を撒いて枝に点火し、煙突効果を利用して炭に着火すれば
着火剤はいらない。というより、着火剤より遥かに速い。
炭は現地で売っていたはずだったが、到着が遅かったためすでに売り切れ。
近くにコーナンがあったためことなきを得る。
飯盒はアルミホイルでシールドしておけば炭火で炊いてもソコソコ煤がつかず、後が洗いやすい。

Csiale4uwaad8mf

翌朝はパンプキンシチュー。飯盒は水に浸して一晩置けばきれいになるので、
再利用して牛乳とルー、具材を投入する。この時期であれば気温は十分下がっているため
氷が途中で全て溶けても翌朝程度であれば牛乳は腐らない。
これがまたウマいのである。

今回のキャンプ場はチェックアウトが正午のため、
ゆっくりと朝からごはんを楽しむことが出来た。
翌朝ゆっくり出来るキャンプ場を今後は狙っていきたい。

2015/09/28

桑野橋河川公園

通称朽木キャンプ場。今年5度目のキャンプ。

滋賀県高島市、かつて海から都まで鯖を運んだ通り道として栄えた
鯖街道と呼ばれる道路に面するキャンプ場へ行ってきた。

1日当たり1人200円と安く、洗い場とトイレも完備。そして温泉も近いとあって
ファミリーからウェイ層まで広く賑わっていた。

20150905_174721

事前に雨が降ることは分かっていたので、耐水性の死んだダブルウォールのテントと
同じく耐水性の死んだタープを無理矢理組み合わせてトリプルウォール化。
結果は分かっていたが、もちろん雨は無慈悲に3枚の壁を突破した。

タープは6本のポールに対してヒモが6本しかないため、立てるのに毎回苦労する。
メインポール2本に対して2本ずつ紐を使って自立させたあと、
サブポール2本にヒモ1ずつ張って後のポールは添えるだけ、とするほうがまだ立つかもしれない。
素直にテント用のヒモとペグを使って計12本で三点自立させるのが一番楽だと思うので、次回はそれでやってみたい。

20150905_201432

夜はユニフレームのファイアスタンドが大活躍した。
大きな木はバーベキューの燃料として使えないし、大人数にも対応出来ないが
コンパクトで使い勝手が良く、あとよく燃えてくれる。前回のキャンプでは燃料が湿っていたので
イマイチ燃えなかったが、今回のように豪快に燃えてくれるとやはり気持ちいい。

前回はパンや卵を導入して朝食を作ったり、ポップコーン等の新しい試みがあったが
今回はイマイチ目新しさに欠けたので、毎回新しくやりたいことを作って持っていったほうが面白いかもしれない。
今のところはスモークと、焼き肉まん、後はバームクーヘンと冬キャンプでの鍋。

次回10月キャンプが快適にできる最後のキャンプ。
ランタンスタンドやエアマットも新しく調達したので、次回が待ち遠しくなる。
完全に外で引きこもっているだけではあるが、そろそろ趣味だと思えるぐらいにはなってきた。

2015/07/26

鳥人間コンテスト2015

飛ばなきゃわけないワケがある。

行かなきゃいけないワケがある。

去年は悪天候のため、ディスタンス部門はノーコンテストとなった。
雪辱を晴らすべく、今年こそはと大空に挑む。

P1160134 写真は東北大学ウインドノーツ。

鳥人間は、言ってしまえば魔改造された自転車。
空飛ぶ自転車。自転車乗りとしても、自らの力だけで大空を自由に飛ぶことは憧れだ。

小さな練習を除けば、パイロットにとっても機体にとっても、一生に一度のフライトになる。
飛べるかどうかは分からない。プラットフォームから真っ逆さまに落ちなかったとしても
いつかは必ず琵琶湖の沈む、片道切符のフライト。

形こそ飛行機であれど、本質はロケットと同じなのかもしれない。
そんな返ることのないフライトのために膨大な労力と知識、技術を込める彼らの熱意の前には
ただただ敬服するしかない。まるで自分に致命的に欠けてしまったものをそのまま見ているようだ。

決してカットされたTV放送では味わえない感動があった。
何かに全力で打ち込む姿は本当にカッコイイ。

2015/07/21

ハイランドパーク粉河

twitterが便利すぎるのでblogの更新はやめていたのだが
短文しか書かない生活が続いたせいか長文が一切書けない体になってしまったので
4年4か月ぶりの更新。今後はtwitterによるライフログの補完を主目的とす。
過去ログは非公開処分。

9か月ぶり10回目のハイランドパーク粉河。あまりに厚いので、標高をかせいで気温を下げる作戦に出た。

700mクラスなので、家の標高200mと比べると計算上は3度は差がでる。

この場所へ至る道2本が通行止めでふさがれていた。
予約した時は教えてくれなかったが、ポールをどけて侵入してこいとのこと。
市が道をふさいでいるのにその先の市営のキャンプ場は営業している何ともカオスな場所である。
斜面から崩れた石が転がる道を進みキャンプ場へ。

20150719_171101

CTのような車高の低い車で突っ込むと苦しい。
そもそも3ナンバー幅が厳しい。
一人当たり410円で車ごと突っ込めるので、そのあたりは気にしてはならない。

20150720_085656

新規購入のユニフレームファイアスタンド。
持ち運びは便利でカッコイイのだが、底が浅いのでBBQコンロのように落ちてる枝などを燃料にしながらの調理は困難。
バーベキューメインとして使うには低いので、別途小さなテーブルとの組み合わせが必要かも。

20150720_090204 区画全景。傾斜がきついがかなり広い。
こちらは最下段の区画であり、最上段が一番勝ち組なので早く制圧すると捗る。

20150719_185246

新規導入2.即席ピザ窯。上が有効に機能しているかは謎。大事なのは雰囲気と気分、あとノリ。
薪で燃やしてるので、下は煤除け。上はたぶんいらない。冷凍ピザだし。

20150719_192155 新規導入3 ポップコーン。むっちゃ楽しい。
あと新規導入4のチーズリゾット、ご飯2号炊いてありったけのチーズと水400g、コンソメと塩を入れた。
ただのチーズごはんになった。ベーコンとか入れないとそれっぽくならないし、多すぎるのダメ、絶対。

20150720_101517

卵をパンに浸して、ベーコンとチーズ載せて焼いたヤツ。ウマイ。
何らかのソースらしきものがあるとよりおいしいと思うが、常温保管出来て使えるのは何だろうか。

今回、出発前の積み込み段階でランタンのホヤを割ってしまった。
コールマンの#4グローブが適合サイズで、無事売っていたので購入。2200円。
グローブ無しではまともに使えなかったので、ガソリンの灯りは次回のお楽しみに。

標高が高く、山の中すぎるので大型の虫が多かったが
蚊はおらず、快適なキャンプだった。8月でも800m級のキャンプ場を択べば、きっと大丈夫。
よく考えれば去年は10月末にここでキャンプをしていたのだから、完全に気が狂っていたわけである。

バーベキューばかりだったので、今回まずは難易度低めながら新しいことに挑戦した。
毎回2,3発新しい思いつきを失敗覚悟で放り込んでいきたい。